読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫌い嫌いも好きのうち

君を見つけ出した時の感情が この五臓の六腑を動かしてんだ

ジャニーズ楽曲大賞2015に投票しました

ジャニオタになってすぐこの存在を知り、ずっと投票したかったジャニーズ楽曲大賞。やっと投票できた!!ということで投票した楽曲とコメントを掲載する。実際に投票した際のコメントはここに書いてあるものを短くまとめたものにした。苦渋の決断の末投票しなかった楽曲も含めてどうぞ。

 

 

楽曲部門

1位:Wait for You / V6
V6の20周年を彩る楽曲。V6の原点であるユーロビートから、20年間歩み進化させてきたことを象徴するようなEDM。また、20年目にして「あの上 もっともっと上」と歌う頼もしさ。すべてにおいて20周年にふさわしいものだと思います。トニセンに「あの苦しみがあったから今の僕がある 今度は君の番だよ もうすぐそこまで 一緒に来てくれないかい?」と歌わせるエモい歌割りも魅力的。歌番組やコンサートで披露する度に洗練されていくダンスは、V6の魅力である細かい振りにフォーメーションチェンジなどが盛り込まれ、まさに20年の集大成。自分がこの曲でV6に目が離せなくなったことも含め、選ばせていただきました。
 
2位:CANDY MY LOVE by キャンジャニ∞ / 関ジャニ∞
2015年、ジャニオタに衝撃が走ったジャニーズ初の女性(?)ユニットキャンジャニ∞のデビュー曲。デビュー曲でありながら会えない彼を想う切ない恋をねっとりと歌い上げる歌謡曲調は、兄貴分の関ジャニ∞の真骨頂。キャンジャニ∞の歌唱力の高さを存分に楽しめる。キャンジャニ∞の次回作に期待。

CANDY MY LOVE by キャンジャニ∞ - 関ジャニ∞ - 歌詞 : 歌ネット

 

3位:ココロオドレバ / 渋谷すばる
渋谷すばる初のソロシングル曲。映画「味園ユニバース」の劇中歌であり、主人公の茂雄の人生に不釣り合いなぐらい明るい曲だが、ラストシーンで不意にこぼれた笑顔で歌うところを見ると、やはり彼にぴったりな曲なのだと思う。
味園関連になるとどうも語彙力不足が目立つ…うまく言葉にできないんですよね、でもとっても好きです。音楽と人を読んでから俄然カヴァーアルバムが楽しみ。

ココロオドレバ - 渋谷すばる - 歌詞 : 歌ネット

 
4位:HELLO / V6
SUPER Very bestのHMVLoppi盤のみ収録で埋もれがちな楽曲だが、この曲こそ20周年のV6がファンに向けて歌った、メンバーに向けて歌う「〜此処から〜」と対となるものと言っていいだろう。V6は20年間アイドルとして走り続けた。しかし、V6を囲う全ての人が全員一緒に20年間走り続けていたわけではない。時代と共に変わりゆくファン、終わる番組、仕事の環境。すべてが変わっても、それでも走っていた姿が「気づいていますか?今も変わらないまま 私はただ歌い続けていました」「覚えていますか?景色は変わりゆく それでもただ鳴らし続けているから」という歌詞に集約されている気がする。
 
5位:Otherside / SMAP
初めてTVでこれを歌ってるSMAPを見たとき、衝撃的なカッコよさに圧倒された。派手に煽るサウンドにスタンドマイク、これに痺れないジャニオタはいないのではないか。これを自分たちのものにして歌いこなせるのは時代を創ったSMAPしかいない。
 
 
以下選びたかった楽曲 
山手線内回り〜愛の迷路〜 / タッキー&翼
ずるいの一言。タキツバがこんなに面白い曲を歌うなんて知らなかった。ついつい口ずさんでしまうメロディーにチャーミングな振り付け。聞いた後はしばらく頭から離れなかった。
 
夢見れば傷つくこともある / KinKi Kids
キンキ2人の歌声が圧巻。「前を向いて泣け」という歌詞と2人の歌声が切なさもありながらの力強さが込められている、キンキにしか歌えない応援ソング。
 
パリピポアンセム / ジャニーズWEST
無条件でテンションの上がる楽曲。この曲でエイトの後輩としか思っていなかったWESTを気にするようになった。「いやはい!いやはい!」とライブでのC&Rも楽しそう。ジャニーズWESTの、デビュー組の若手としての貪欲さが表れた最強の上昇志向ソング。
 
Timeless / V6
「明日が来るとは思えなくて互いに背を向け」、「傷つけあうこともあった」が、「許しあえないことなんてないはずだと肩を並べ歩く日々が教えてくれた」から「終わらない夢を僕らはずっと描いてゆく」と20年のV6の歩みを語っているまさしくアニバーサリーソング。10周年のOrangeの「君の声は聞こえない」からのこの曲の「今は君の声 聞こえているよ」という伏線回収芸も見事。
 
不意打ちWASABI!!!!!!!!!!!!!
 
 

未音源化部門

勝つんだWIN/Mr.King vs Mr.Prince
タイトルからポップで元気な応援ソングかと思っていたら、ジュニア6人の上へのし上がっていく宣誓ソングだった。「牙をむくライオンにも負ける気がしない」と貪欲に吠える姿はすでに貫禄さえ感じ圧倒された。
なにきん、セクボ問題などあってジュニアを応援しているわけではない人間なので声を大にして言いづらかったが、実はこっそりキンプリが好き。良い意味でジュニアに見えない。カミセンとトニセンという構図が好きな私がキングとプリンスで競い高めあうという設定を好きにならないわけがない。今ではキングとプリンス別グループの扱いになってて寂しい。
 
 
 

現場部門

【該当なし】
関ジャニ∞の元気が出るLIVE!」にしか参戦していない、しかも人生初現場なので、「基準」となる1つしか知らず優劣を比べる手筈がないので選ばなかった。2016年は選べるぐらいに行きたい。
映像で選ぶなら同率で「渋谷すばる LIVE TOUR 2015」と「V6 LIVE TOUR 2015-SINCE1995~FOREVER-(WOWWOW)」です。
 
 
 

MV部門

CANDY MY LOVE / キャンジャニ∞
クオリティの高い女装は、すべて計算つくされた角度で撮られたカットによって更に昇華。『最後の晩餐』のような構図に翼の生えすば子、切ない表情も相まってどこか閉鎖的で不思議な雰囲気が醸し出され、この企画は女装した関ジャニ∞ではなく、キャンジャニ∞が主役なのだと、キャンジャニ∞という女性グループのためのMVなのだと感じる。しかし、ラストの全員が手をつなぐシーンでアップされる手に男を感じるところまでがオチとして計算されているのではないかと考えてしまう。
 
 
選びたかったMV
Timeless / V6
 歌詞が過去と現在、そして未来を語っていることと連動して「時空を超える」をテーマに作られたMV。V6×20周年ということでなんと120人に増殖したV6がこのMVでは踊っているが、この120人という大人数が複雑なフォーメーションチェンジとマッチしている。あの複雑な踊りを様々な角度から見ることができ、かつ、大人数で新たなフォーメーションダンスを形成しているという構成が見事。個人的にお気に入りは2番Aメロ「Long time 長い道のりを」と歌っているときのモーセ長野博。 
 
 
 

コンビ部門

V6を好きになる前からよく聞いていた「剛健コンビ」。VS嵐のゲストがV6の時、「剛健コンビって何だろう」と思ったことがきっかけで見ようと思い、それからすべてが始まったので、私のV6の始まりが剛健だったと言えるだろう。結局そのVS嵐ではゲームが終わった瞬間即席に揃って戻ったり、DVD特典ではいつのまに二人くっついて座っていたり、24時間TVではリアクションが脅威的にシンクロしていたりと、とにかく双子だった。二人常に一緒にいる剛健も、ファンが喜ぶからとラブセンのお相手に森田さんを選ぶ三宅さんというビジネス剛健も、性格が正反対でありながら、互いのことを互いが一番わかっているという最強のシンメと呼ばれる剛健も、どれもが好きだ。
 
 
選びたかったコンビ
東の滝沢、西の渋谷。ジュニア黄金期、現在の嵐、タッキー&翼関ジャニ∞、山Pや生田斗真などそうそうたるメンバーの中、東西の顔として名を馳せた二人がついにカウコンで復活。当時を思わせるTシャツに白パンツ、「明日に向かって」など当時を経験していたジャニオタだけでなく、新規のオタクも一度でいいから見たいと焦れた滝すばが実現し、年明け早々からオタクは大熱狂の渦に。当時関東に嫉妬していた関西の話は定番であり翌日の関ジャニ∞クロニクルでもその話が出たが、嫉妬話に一切参加しなかった渋谷が印象的。
 2015年のコンビ大賞を選ぶなら滝すばだったが、要項に2015年と限定されているわけではなかったので外した。
 
 
 

自担部門

この一年で関ジャニ∞とV6の掛け持ちをして、他Gにもポツポツ気になる人はいたが、自担と呼べるのはこの人だけだった。この人以上の熱量を持って好きになった人が個人では生まれなかった。V6は担当を一人に絞って他メンを見逃すことになるのがイヤで、いわゆるall担を名乗ることにした。
 
 
 
それが醍醐味だと思っている部分もあるので他Gからも選びたかったが、結局ほぼ自Gで埋めてしまった。2016年はどんな楽曲に出会うのか、今からとても楽しみである。