読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫌い嫌いも好きのうち

君を見つけ出した時の感情が この五臓の六腑を動かしてんだ

関ジャニ∞の元気が出るCD、全体的な感想

関ジャニ∞は最高にかっこいいぞ!!!!

 

関ジャニ∞の元気が出るCDを買いました。感想を書いてる時間が無いと記事にするつもりはなかったのですがが、感想は鮮度が命であるし私がどうしてもこの興奮を文字で残しておきたかったので書きます。

関ジャニ∞の元気が出るCD!!

関ジャニ∞の元気が出るCD!!

 

 

一個一個の曲についてはたくさんの方が書いてあって「うんうん、その通りですぜまったく」って感じなので省略。気になったところを書いていきます。

 

アルバムとしてのクオリティの高さ

私は気に入っていたのですが周りの評価が低かった「関ジャニ∞の元気が出るCD」というタイトル。私が気に入ってたの理由が「インパクトがある」ということ。このタイトルを掲げられるのは関西のおもろいお兄ちゃん達をやってきた関ジャニ∞ならではなんですよね。個性だして爪痕を残そうというガツガツ感が好きなので気に入ってました。そしてこのタイトルがまた関ジャニが変なことしてるわw試しに聞いてみよw」→「何このアルバムめっちゃいいじゃん!?!!」っていういい意味での裏切りができると思うんですね。そういうクオリティを持ってきました。

1曲目の『High Spirits』という本人演奏のインスト曲から曲間0で繋がる『勝手に仕上がれ』。こんなに1,2曲目で心鷲掴みにしてくるアルバムなんて、そうないですよ!私は曲順記事を2個ほどあげてるのですが、

この曲順を考えているときに特に気を使ったのが「最初の3曲でどれだけ心を掴めるか」であって、それを軽々とこなしてるんですね。3曲目にシングルでドラマタイアップの「がむしゃら行進曲」をもってきているのもいい。

その他の曲も粒ぞろい。幅が広いというより、一曲一曲の個性が強い。そしてどれもが心に直に訴えかけてくるような熱さを秘めています。どの曲もこのアルバムに入ることが最良であるような選択。最初から最後まで曲順通りに聞きたくなるようなアルバムです。

バンド曲が多く、邦ロックファンには特にオススメです。腕を振り上げて聞いてしまうものばかりで、ライブが楽しみです。ペンライトを高く上げすぎないように注意するのが大変だ…!

 

 

なんとなく8UPPERS感

8UPPERS(通常盤)

8UPPERS(通常盤)

 

 このアルバムを初めて聞いた後の感想が「8UPPERSみたい」ってものだったんですね。インストが入ってたり、両方とも渋谷すばるが曲順を決めていたりと共通点が多いから当たり前かもしれませんが。私は一番8UPPERSを感じたのは『スペアキー』を聞いた時です。これが8UPPERS収録の『願い』と非常に構成が似ているんです。一人ずつ各パートを歌っていくところ、Aメロを渋谷すばるが歌うところ、アルバムでの位置。他にも『ほろりメロディー』の語りの部分が『韻踏ィニティ』でも入っていたり。だから8UPPERSの楽曲クオリティの高さに惚れていた人には是非こちらも聞いてほしい。私もエイトの中ではアルバム1位は8UPPERS一択だったのですが、今では元気が出るCDと同率です。この2つを比べればやはり「元気」に特化してるなと感じます。

 

 

関ジャム効果

今回OKAMOTO'S、KANA-BOONサンボマスターという夏フェス常連組、邦ロックファンから支持を持つ3組のロックバンドの提供曲が入っています。この3曲がまたオリジナル要素が強い。提供元が伏せてあっても「この曲○○っぽい」って感想が絶対TLに流れてただろうなって。『ナントカナルサ』に関しては歌詞カードだけで「これKANA-BOON」だろって当てれる自信があります。サンボでもわかるかも。OKAMOTO'Sも「ニーニニー」の部分で当てれた気がする。とにかく我が強い。依頼が「谷口鮪」や「山口隆」ではなく「KANA-BOON」や「サンボマスター」に来たんだろうから自分たちの要素が強いものを提供するのは頷けるのですよ。それでもなんで今までもあんなに提供曲をもらっていたのに今回は「我が強い」と思ったのかを考えた結果、「関ジャム効果」ではないのだろうかと思い当たりました。関ジャムで今まで様々なアーティストとセッションを繰り返してきた関ジャニ∞。あのセッションで求められていることは「アーティストに寄り添うこと」だと思います。自分たちで好き勝手に演奏するのではなく、ゲストの邪魔はしないように、それでも全く同じでは意味がないから自分たちを少しだしながらセッションを重ねてきました。2015年、関ジャムのおかげでたくさんの楽曲と触れ合い、楽曲について考えた結果、アーティストに寄り添った音楽をする力が身についたのでしょう。だから今回の提供曲も元の楽曲に寄り添って作った結果、提供元の個性が強く出たのではないかと思います。これによって得たのは表現力。表現の幅が増えたことで今回のアルバムのクオリティの高さに繋がったのでしょう。それを考えると今の関ジャムのバラエティ要素が強めでおざなりにされている音楽という現状が悔しいですね。長く続いてほしい番組なのでなんとかならないかな…!

 

総括・とにかくかっこいい関ジャニ∞

まとめると今回のアルバムは凄くいいものだったんです。そして改めて「関ジャニ∞が大好きだ」と思いました。少しでも興味が出た人はレンタルでもいいからとにかく聞いてほしいです。

また初回特典についている映像もいい。A収録の「関ジャニ∞の夏休み」は「いつもこんな感じなんだろうなー」という素のエイトが見れます。あいつら素でこんなにおもしろい会話してんのか…。同じくA収録の「元気が出るSONGメイキング」がとてもいい!メンバー作詞作曲である『元気が出るSONG』ができるまで追いかけてあって、こんな風に作ってあるのかととても興味深かったです。とにかく錦戸亮ちゃんの不器用な愛が愛おしい…!B収録の運動会はほんとにヒドイのでバラエティな関ジャニ∞が見たい方にはオススメです(笑)

 

最後にもう一度、

関ジャニ∞は最高にかっこいいぞ!!!!